がまだしなっせ!GAMADASU

アクセスカウンタ

zoom RSS 黄砂は大変でしたね

<<   作成日時 : 2008/03/04 08:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

黄砂・・・大変でしたね

車が汚れてしまって、洗うのが大変です。

でも、車より健康に対しては影響はどうなんでしょうか?



黄砂について  出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

黄砂(こうさ)とは、東アジアや中央アジア内陸部の砂漠または乾燥地域の砂が、強風を伴う砂嵐などによって上空に巻き上げられ、主に春を中心に東アジアの広範囲に飛来し、地上に降り注ぐ気象現象のことである。降り注ぐ砂のことも「黄砂」と呼ぶ。



黄砂による影響

以下に挙げるように、さまざまな被害が確認されている。確認されている被害範囲は、モンゴル、中国、韓国、日本と東アジアの広範囲に及ぶ。モンゴル、中国、韓国では、黄砂による被害は大きな社会問題となっている。日本では、これらの諸国に比べて被害は軽く、環境問題として取り上げられることが多い。[要出典]

発生源から離れた地域に被害を及ぼす、国境を越えた環境問題の典型的な例の1つで、中国などの経済発展と密接に関連しており政治的な対策が鍵を握るとの見方もあり、"Yellow dust terrorism"(黄砂テロリズム)と呼ぶ向きもある[14]。

また、黄砂の観測やモデルによる黄砂飛散の推定結果などから、東南アジアで発生した煤や一酸化炭素が日本に飛来してきていることも分かり[15]、アジアの広範囲で同様の越境汚染問題が複数あることも分かってきている。



物理的・経済的被害

黄砂が降り注ぎ積もることにより、車や建物の窓、洗濯物が汚れたり、農作物の生育不良を起こしたりといった、物理的被害が最も多い。ビニールハウスや建物の天窓に積もると、遮光障害を起こすことがある。

濃度が高い場合、視界が悪くなるために航空機の飛行や車の通行、鉄道の運行、人の歩行に障害を及ぼしたり、大気を覆うことによって気象観測を妨害したりする。また、地上波放送などの電波が乱反射し、受信障害や異常伝播を引き起こすこともある。

精密機械や半導体の工場では、塵の侵入により不良品ができるなどの被害も発生する。速度規制や交通の混乱、健康被害などの諸被害によるものや、砂や塵の処理にかかる費用も含め、大きな経済的損失も生じる。

発生地付近での砂嵐の場合には、砂も多く強風を伴うため、建物の倒壊・埋没、電柱の倒壊による停電なども起こる。特に発生地に近い地域では、砂嵐によって住居が砂に埋まったり道路が通行不能になるなどして、住むことができなくなった村もあり、被害ははるかに深刻である。ただし、発生地からある程度離れた地域では、住居が砂に埋まるような大粒の砂が降ることは無い。


健康被害


細かい砂の粒子や、粒子に付着した物質、黄砂とともに飛来する化学物質などにより、さまざまな健康被害が生じる。

咳、痰、喘息、ただれ、鼻水、痒みといった呼吸器官への被害や、目や耳への被害が目立つ。黄砂が多い日には、花粉症、喘息、アトピーなどのアレルギー疾患の悪化が見られる。また、間接的に循環器疾患や内臓疾患の増加に関与しているとの報告もある。同じ汚染度でも、お年寄りや子供、持病を持つ人のほうが影響を受けやすいとされている。[要出典]

また、黄砂自体はアレルギー物質ではないものの、汚染物質が付着したときに何らかの相乗効果を及ぼし、汚染物質が人体に及ぼす悪影響を増幅させている可能性も指摘されている



自然環境


森林などの植物に積もることによって生育不良を起こし、草食動物のえさが減るなどして生態系全体に影響が広がり、自然環境に異変をもたらすことがある。砂や砂に付着した物質によって、土壌や海洋へミネラルが供給され、植物や植物プランクトンの生育を促進する効果もあるが、効果が現れるまでには時間がかかる。黄砂に含まれる炭酸カルシウムは、酸性雨を中和したりアルカリ性化したりするため、酸性雨の被害軽減にも寄与している。しかし、黄砂に大気汚染物質が吸着されて、さまざまな物質が黄砂とともに運ばれる。このうち有毒な物質による、人間を含む生物への被害、環境汚染が問題とされている。[要出典]

黄砂が気候にもたらす影響をみると、大気中にとどまり太陽放射を遮蔽する日傘効果による寒冷化と、氷雪や氷河上に落下し太陽光線を吸収することによる温暖化という、2種類の作用があるが、砂粒の大きさ、高度(上下方向の分布)、散乱率、吸収率などによって複雑に変化するため、結果的にどう作用するかは現在はっきりと分かっていない。


黄砂への対策

黄砂による被害への対策は各地で行われている。発生地に近い地域では、降り積もる砂を建物内に入りにくくしたり、屋根などに砂が積もって重くならないような工夫などがされている。黄砂が大量に降っている場合は、砂の微粒子を体内に取り込まないように、マスクを着用したり、うがいを行ったりといった処置をとる。

黄砂は少なくとも数万年前から発生しており[4]、自然現象であって完全に防ぐことはできないという考え方もある[17]。しかし、人為的な処置によって黄砂の量を減らすことはできるのではないかと考えられており、発生地の砂漠化の防止を中心とした対策が行われている。

砂漠化の防止策としては、砂漠緑化と農法の改良が中心となっている。具体的には、適切な植林、効率の良い薪などの燃料の確保、家畜の管理、土壌浸食の防止、灌漑、水資源の有効利用、エネルギーの再利用、適切な土地利用や農法への転換、砂の移動防止などがあり、技術開発を進め、専門化が指導を行って、砂漠化防止活動を長期間持続できるようにする必要がある[18]。

中国政府は、「防砂治砂法」の制定(2001年、リンク参照)により法的に被害防止を行うとともに、自然保護区を設定して植林を行っているほか、防護林や草方格を用いて砂の移動を防ぐなどしている。また1990年代から、乾燥地域の拡大を抑えるために、内モンゴル自治区での遊牧民の定住化を進めている。また、モンゴルでも植林などが行われている。しかし、乾燥・砂漠化の進行にはまだ追いついていないという問題や、定住生活や適切な農業法に関する指導が行き届いていないため、対策として不十分であるという問題もある。また、過度な植林によって土壌の水分が著しく失われ、乾燥化を悪化させる可能性も心配されている。

また、各地で気象観測の一環として黄砂が観測されているが、観測点に偏りがあることに加え、気象観測だけでは黄砂現象の解明には不十分なため、より精密で計画的な観測が必要となる。これまでは、個人や小規模なグループによる研究が行われてきた。しかし、1990年代に黄砂現象の実態が詳しく分かるようになったことで、黄砂の実態把握には、数十年という長期間の監視体制を整える必要があることが次第に明らかになってきた。

現在、行政機関や研究機関による大規模なプロジェクトとして、気象研究所などの研究をもとにした気象庁の黄砂予測、韓国気象庁の黄砂予報と注意情報(3段階)、中国科学院(参考・英語版リンク)の砂塵天気予報(開発中)、UNEP・UNESCAP・UNCCD・ADB・中国・韓国・モンゴル・日本によるADB/GEF黄砂対策プロジェクトが作成する黄砂対策プラン(リンク参照)、環境省による黄砂実態解明調査(リンク参照)などがある。日中韓3カ国環境大臣会合による合意形成、日中韓局長級会合による黄砂対策協議[19]などもある。


「黄砂」の参考文献情報

* ページ名: 黄砂
* 著者: Wikipedia の執筆者たち
* 発行者: 『Wikipedia』
* 更新日時: 2008年3月3日 11:32 (UTC)
* 取得日時: 2008年3月3日 23:42 (UTC)
* ページの版番号: 18353262



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
3万件保証独占広告
アンビシャス


月3回無料独占広告
NEWSJP



メールマガジン発行│メルマガ発行
簡単に発行できる
メールマガジン発行 !
黄砂は大変でしたね がまだしなっせ!GAMADASU/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる